植藤造園
ウエトウの植木屋仕事
2011.6.17

養生

連日、職人は外へ仕事に行っていましたが、本日は数名が園内に残っています。
お客様から預かり中の石の「養生」を行うためです。


「養生」と言うと私の中でのイメージは、ぷちぷちでお皿を覆ったり、スプレーの汚れが
付かないよう壁面や床に新聞紙やブルーシートで一部を覆うことでした。
しかし、石も加工されたもの―石造品―は、欠けたり割れたりしないよう「養生」するとのこと。
一人の職人が「ブログ用に写真撮りに来れば」と声をかけてくれたので、行ってきました。
さて。石の養生。
何で養生するんだろう?と思っていましたが、縄で養生するそうです。

職人の仕事を見られる機会は、とても貴重です。
わくわくしながら山へ自転車を漕いで行ったら、たくさんの石が並んでいました。

同期のU君。 熟練の職人から、指導を受けながら養生しています。
桜の根の養生を、初めて見たときも思いましたが、縄のかかり方がとても綺麗です。
美大にいた時も思っていましたが、養生を綺麗に行う人は作品も良いものが多いです。
自分の作品をしっかりと守るために、養生するのですから当たり前かもしれませんが。
職人さんの養生は、養生自体も併せて一つの作品みたいです。
昔、何かで「綺麗な仕事」というフレーズを聞いたことがありますが、その通りだな、と思いました。
職人たちは黙々と綺麗な養生を、行っています。

㈱植藤造園 設計 ブログ担当者

PAGE TOP