植藤造園
雨期の記録
2011.5.13

雨上がりの朝

ここ3日間ずっと、雨の日が続きました。
今日は、ようやく雨上がりです。


週末と月曜日と、夏のような暑い日が続いて「春はどこへ行ったのやら。」
と思っていたら、火曜日には梅雨のように蒸し暑い中、雨が降りました。
走り梅雨、というらしいですね。それから3日間、雨が降り続けました。
乾燥して、カサカサになっていた苔たちも復活です。

青々として、とても綺麗ですね。雨で生き返ったようです。
石もしっとりと濡れ、艶っぽく、新緑が映えます。

もちろん雨でも職人たちは、街路樹の剪定や現場に行ってました。
時にはバケツをひっくり返したような雨が降り、みなさん大変だったと思います。
これで職人たちも仕事がしやすくなります。  ほ。
さて。
植藤の桜園はケムシを撒くために、焚き木されています。

昔ながらの方法だそうで、こうやって虫が付くのを防いだそうです。
実際に効いてるのか見てみると、葉っぱはあまり虫に食われていない気がします。
人の知恵ってすごいですね。

雨の日が続くと、晴れの日が特別に感じられます。
春の枝垂れ桜はもちろん綺麗ですが、今もとても綺麗です。
新緑のトンネルが創りだされています。
雨上がりの朝。
緑の香りがより濃厚になって、すがすがしく感じられました。
㈱植藤造園 設計 ブログ担当者

PAGE TOP