植藤造園
夏の記録
2014.6.24

芒種・夏至 二十四節気

先週の土曜日は夏至でした。
夏至と言えど、朝晩はまだまだ冷えます。
しかし緑が少し、濃くなった気がします。


毎日、忙しく気が付けば芒種、夏至が過ぎてしまいました。
みなさん、いかがお過ごしでしょうか。
6/6 芒種(ぼうしゅ):
五月雨が間断なく降り続き、農家はこのとのほか多忙を極めます。
芒種とは芒(のぎ)のある穀物、すなわち稲を植え付ける季節といえるでしょう。
6/21 夏至(げし):
この日、北半球では昼が最も長くなり、反対に夜が最も短くなります。
夏至は夏季の真ん中で、梅雨しきりといったところで、農家は田植えに
繁忙を極めている季節です。
(平成二十六年神宮館開運暦より)
この2つの季節。
遠景の写真では違いが分かりづらいので、今回は園内の散歩をしてみましょう。
6/6 芒種は、、、

ガクアジサイが色付きはじめ、、、


ナンテンとナツツバキの花が咲きました。
6/21 夏至はといいますと、、、

アジサイが鮮やかに色付き、

ムラサキシキブの花が咲きました。
薄紫色の花がなんて愛らしいのでしょうか。
さて。植藤造園では、H部長による、夏に向けてグリーンカーテン作成が本年も行われました。
1年目はゴーヤ、2年目は朝顔。
1年目のゴーヤの反省は、ゴーヤばかりで飽きてしまう、
2年目の朝顔の反省は、やっぱり実も食べたい、ということだったようでして。
今年は何を植えたのでしょう。

今年はつる性の野菜を中心に数種類を植えています。
サンド豆、ゴーヤ、きゅうり、ミニカボチャにフルーツトマト、万願唐辛子、とうもろこし
小さな農園のようになりました。
既に、サンド豆ときゅうりを美味しく頂いております。
今日はサンド豆を豆腐とあえて頂こうか、、、などと毎日楽しいです。
梅雨の時期、私は最も苦手で体調を崩しやすいのですが、皆さんはいかがでしょうか?
特に女性は体の水の巡りが悪くなり、目眩などおこしやすいそうです。
豆類やトウモロコシ、フルーツだとチェリーが体の水の流れをよくするそうですよ。
私は今年、H部長のミニ農園に大変お世話になりそうだな、と思っております。
元気に楽しく美味しく、梅雨を乗り切りましょう!
(株)植藤造園 設計 ブログ担当者

PAGE TOP