植藤造園
冬の記録
2013.11.7

立冬 二十四節気

朝晩がぐっと冷え込み、日が短くなりました。
みなさん如何お過ごしでしょうか。
本日は立冬です。
この頃は、一日の寒暖差があり、落葉樹の葉も色付いてまいりました。


弊社の会長、16代佐野藤右衛門はしばしば講演に行きます。
会長はこの講演でもどかしく感じていたことがありました。
「こっちは当たり前だと思っているけど、わからんもんやな」
一年間、外で働いている 会長を始め職人たちは、
(私のように)室内で働く人よりずっと
「一年の季節がどのように動いているのか」に敏感です。
気候風土がどういったものなのか。
これを皆さんに理解して頂くために、二十四節気プロジェクトが始動しました。
と申しても、私が一人で写真撮影を行うだけで、この名称もなんとなく私が
自分の仕事名として、勝手に名づけたのですが。
「二十四節気のその日に、写真を撮っていってくれ」
とご指示があり、せっかく写真を撮るので一部ブログでも使用していこうと思います。
しばらく、お付き合い、よろしくお願い致します。

ナンテンの実が真っ赤に色付き、枝もたわわに実っているのが感じられます。

樹木が落葉前、ツワブキの黄色い花が満開となり、私たちを楽しめてくれます。

柚子が黄色く色づきました。かわいらしいですね。

桜の見本園は葉が落ち、冬の様相が伺えます。
本日は曇り空。
なんだか冬支度が始まった気持ちになりました。
立冬。
これから毎日、寒くなっていきます。
私は赤道育ちなので、寒いのが苦手で、毎年冬を越せるか心配になります。
みなさま、風邪を引かないようにお気を付け下さい。
(株)植藤造園 設計 ブログ担当者

PAGE TOP