植藤造園
秋の記録
2008.8.21

技能検定

つい先日まで暑い暑いと嘆いておりましたが、
今日は打って変わったような涼しい朝でした。
あんなに猛暑だったのにやっぱり秋はやってきてくれるのですね。
少しホッとしました。
気づけば赤トンボも飛び回っていました。


そんな涼やかな今日は造園の技能検定の試験日でした。
今回、植藤造園から二人が2級を受験しました。
技能検定とは、国(厚生労働省 )が職業能力開発促進法に基づき実施しているものです。
今日は実地試験が行われたのですが、日頃の行いが良いせいか(?)気候の上では、
ラッキーな日になりました。
2級の実地試験内容を簡単に説明しますと、指定された区画内で四ツ目垣製作、
飛び石・敷石敷設、低木植栽及び支柱取付けを3時間30分で行います。
イメージしにくいとは思いますが、炎天下、外で作業を3時間以上続けると考えただけでも、
日々の積み重ねがなくては本番の作品づくりへたどり着くのは難しいでしょう。
作品を作り終えて戻ってきた2人は、やり遂げた表情でした。
そして再びいつもの仕事に取り組みます。
入社1.5年、真っ黒に日焼けした二人はたくましくなりました。

結果が楽しみです。
植藤造園 ブログ担当者

PAGE TOP