植藤造園
春の記録
2011.2.23

小さな春

立春から2週間たちました。
植藤造園には春の香りが運ばれてきました。
今日は園内で見つけた小さな春をご紹介します。


写真は本日のカンザクラ(寒桜)。ずいぶんと蕾が大きくなってきました。
ほかの桜の様子をみるとまだまだ。
名の通り、寒いころから咲きだすのですね。
空の色も随分と濃くなり、日差しも春めいてきました。
きっと外で働く職人さんたちも心地いいはずです。
一方、冬の花・カンツバキは花弁が落ち始めました。

紅色の花弁は景色を驚くほどに変えてくれます。
優しい日差しの下、赤い花びらが苔の緑に映えますね。

朝には前の庭を掃除するですが、カンツバキの花弁が
ビロードの絨毯のように庭の地面を染めていました。
綺麗だと思ってそのままにしていたのですが、
さすがに散った花弁は1週間たつと枯れてきてしまいます。
もったいない、と思いつつもさっくりと掃いてしまいました。
みなさんにお届けできず、残念。
一つの花が散り、また別の花が咲き出します。
冬を好む花もあれば春に芽吹く花もあります。
日々の忙しさに忘れがちですが、自然のリズムに沿って私たちも生きたいものです。
あたたかな日差しの裏腹、風はまだまだ冷たいですね。
みなさんもお体にお気を付けてお過ごし下さい。
(株)植藤造園 設計 ブログ担当者

PAGE TOP