植藤造園
宇宙シリーズ
2009.10.22

宇宙桜 Part.2

今年の春4月宇宙に行けなかった円山公園の種たちは一足先に芽を出しました。


目をよく凝らしてみると、緑色が見えると思います。
拡大すると、こうです。

かわいらしい桜の赤ちゃんです。
一方、本来芽の出す時期に宇宙旅行をしている種たちの姿はこれ。

ツルピカのゼロ歳。
この選ばれし宇宙旅行を果たした桜の種たちはどこへ・・・
地球の周りをぐるぐるまわっていたのです。
平成20年11月15日国際宇宙ステーション「きぼう」という日本実験棟へ打ち上げられました。
 打ち上げ輸送機はスペースシャトル「エンデバー」!!
数ヶ月後、日本の宇宙飛行士若田光一さんと「きぼう」で合流し、その証拠写真です。
若田さんの前に浮いている袋は、実際桜の種たちが入っている袋なのです。
(詳しくはhttp://www.hanadensetsu.com/index.htmlへ)

この種は若田さんと数か月を共に過ごし、ともに地球に上陸したのはつい最近のことです。
では次回は種の採取に参加してくれた子供たちとの再会をテーマとします!
植藤造園 ブログ担当者

PAGE TOP