植藤造園
夏の記録
2009.8.5

奇抜な奴

畑で出会いました
異様なたたずまい
いったいこれの正体は


この形とどういう理由があるのか、この滑っと感の笠になる部分は、
枝で触ると、粘性の液体がまとわりつくようにはり付いています。
衝撃の映像はここから。
きのこの出ていた部分を観察すると、真白い玉と
玉が成長したのか、今にも皮を破って出てきそうな雰囲気です。

その白い玉を割ると中身はこのようになっていました。
生卵の断面を想像させるように、灰色の核のような物の
周りには透明のゼリーのようなものが埋まっていて生命を感じさせます

きのこ達には本当にいつも驚かされます。
不思議の宝庫ですね。
ちなみにこのキノコは"キツネノタイマツ"に近いと思われます。
名前はかわいらしいのですが・・・
植藤造園 ブログ担当者

PAGE TOP