植藤造園
冬の記録
2007.11.22

冬支度

11月に入っても暖かい日が続いておりましたがここ最近、
一気に寒さがやって来ました。
冬支度が追いつかず、早急に手を打たなくてはと慌てています。


この季節、京都は一年を通して一番の観光シーズンになるという話しを
タクシーの運転手さんから聞いた事がありあました。
お目当ては”紅葉狩り”だと思われます。
モミジ等の落葉樹は冬に向けて幹から葉に流れる水分の量を調節し、
葉を落として、幹や根にエネルギーを温存させるのだそうです。
その間に見られる葉の色の変化が、今の時期から盛んに見られるのですね。
それがおもしろい話しで、元気のいい樹木はスムーズに葉を落とせるのに、
ちょっと元気のない樹木は前者に比べて時間がかかってしまうそうなのです。
芽吹くことだけではなく、葉を落とすのも一生懸命にやっているのだと思うと、
とても親近感を覚えてしまいます。
あまりにも自然の流れで、落ち葉に対して深く考えた事がありませんでした。
寒くなれば落ち葉を集め燃やして、芋を焼きながら暖をとり、会話が弾んだ記憶も
この季節ならではの醍醐味だったのですね。
植藤造園 ブログ担当者

PAGE TOP