会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
庭園デザイナー 枡野俊明のホームページ
 
植藤造園は創業天保3年
15代藤右衛門が育てた京都円山公園の枝垂桜は祇園の夜桜として親しまれている。また、造園工事についても多くの作品を手掛けて、海外においても施工している。故イサム・ノグチ氏デザインの、パリにあるユネスコ日本庭園は16代藤右衛門(当代)の施工によるものである。
植藤造園の最近の仕事
 
  最新工事

嵐山 S庵造園工事

2017年2月完成
京都府 右京区 嵐山
既存の岩肌を活かし作庭を行いました。

ギャラリーエソラ庭園工事

完成2016年10月
東京都国立市
カフェのお庭です。

ザ・サイプレスゴルフクラブ獅子吼の庭

完成2016年10月
兵庫県
佐野藤右衛門が命名した庭です。

嵐山観光駐車場公衆トイレ植栽

完成2016年9月
京都府
観光名所嵐山の駐車場にある、トイレ前の植栽です。

詳細を見る
植藤造園BLOG トピックス
 

『誰もが通った道』

 梅雨が明け、京都は蒸し暑さに磨きが掛かって来ました。
 60年近くこの蒸し暑さと共に生きてきましたが
 今年の蒸し暑さは格別です。どーぞ「自愛専一」お祈り致します。

 さて先日、現場で使用するカズラ石の端部を職人2人が加工しておりました。
 道具は「コヤスケ」と「セットウ」。その様子をちょっと紹介致します。
 B・G・Mには葉加瀬太郎の『情熱大陸』が流れます。

 先ずは、経験のまだ浅い「Y君」
 

 うーん・・・何処か「肩の力」が入り過ぎている様な。
 ご両親へ。心配要りませんよ。本人は真面目に頑張っております。

 もう一人はベテランの「S先輩」

 やはり違います。「肩の力」が抜けて、
 「セットウ」の力が「コヤスケ」に直接届き石に伝わっております。
 さて、もう一度「Y君」

 後ろで「S先輩」が笑っていますが、何の『誰もが通った道』です。
 「S」も若い頃こんなもんでした。もっとひどかったかも知れんし痩せてたし。
 型や立ち振る舞は年数や経験・実戦が作る物です。
 「Y君」 頑張れ!!!(でも目がちょっとコワい)

 最後に二人並んでツーショット。

 こうして出来上がった「延石」を先日現場で据付けました。

 この経験こそが「Y君」が「Y先輩」になる『道のり』です。
 まだまだ長いぞー。頑張れ。

 この「Y君」を見て笑っている其処のあなた。そーあなた。
 最近無駄に「肩の力」入ってませんか?
 「肩の力」が入り過ぎると伝え様とする事が『真の芯』に届きませんよ。

 「何で解ってくれへんねん。」「どー伝えたらええねん。」「何で逃げんねん。」
 それは、あなた自身の「肩の力」が入っている事が原因です。
 『真の芯』に届ける為に一度「すーっと息を吐く。」 やってみ。
 
 では、では。
                            ブログ担当 : 「肩の力」抜き過ぎのH