植藤造園トップ>植藤造園ブログ よくある質問 | お問い合わせ
会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
 

2017年07月22日

『誰もが通った道』

 梅雨が明け、京都は蒸し暑さに磨きが掛かって来ました。
 60年近くこの蒸し暑さと共に生きてきましたが
 今年の蒸し暑さは格別です。どーぞ「自愛専一」お祈り致します。

 さて先日、現場で使用するカズラ石の端部を職人2人が加工しておりました。
 道具は「コヤスケ」と「セットウ」。その様子をちょっと紹介致します。
 B・G・Mには葉加瀬太郎の『情熱大陸』が流れます。

 先ずは、経験のまだ浅い「Y君」
 

 うーん・・・何処か「肩の力」が入り過ぎている様な。
 ご両親へ。心配要りませんよ。本人は真面目に頑張っております。

 もう一人はベテランの「S先輩」

 やはり違います。「肩の力」が抜けて、
 「セットウ」の力が「コヤスケ」に直接届き石に伝わっております。
 さて、もう一度「Y君」

 後ろで「S先輩」が笑っていますが、何の『誰もが通った道』です。
 「S」も若い頃こんなもんでした。もっとひどかったかも知れんし痩せてたし。
 型や立ち振る舞は年数や経験・実戦が作る物です。
 「Y君」 頑張れ!!!(でも目がちょっとコワい)

 最後に二人並んでツーショット。

 こうして出来上がった「延石」を先日現場で据付けました。

 この経験こそが「Y君」が「Y先輩」になる『道のり』です。
 まだまだ長いぞー。頑張れ。

 この「Y君」を見て笑っている其処のあなた。そーあなた。
 最近無駄に「肩の力」入ってませんか?
 「肩の力」が入り過ぎると伝え様とする事が『真の芯』に届きませんよ。

 「何で解ってくれへんねん。」「どー伝えたらええねん。」「何で逃げんねん。」
 それは、あなた自身の「肩の力」が入っている事が原因です。
 『真の芯』に届ける為に一度「すーっと息を吐く。」 やってみ。
 
 では、では。
                            ブログ担当 : 「肩の力」抜き過ぎのH


投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年07月22日 08:43

 

2017年07月11日

『ちょっと、一息』

 梅雨明けがまだと言うのに、お暑ー御座います。
 心も体も軟弱な私は「本番の夏」が心配です。

 先日、いつもお世話になっております、京都市内の『製薬会社様』の
 緑地を改修させて頂きました。藤棚が有りちょっとした休憩場所でしたが
 「リニューアル」をと御用命頂き、先般完成致しました。
 その工事の流れをご紹介致します。

 着工前
 

 既存構造物撤去

 ペイブメント

 藤棚改修

 植栽:高木

 植栽:低木

 仕上げ:まき石・まき砂利

 休憩施設:ベンチ設置

 完 成

 春は桜に続き藤。夏は広葉樹の木陰。秋はモミジの紅葉。冬は寒椿にお多福南天の赤。
 四季折々に楽しめる様に工夫しております。

 そして此処の『製薬会社様』の野球部は今年も都市対抗野球大会の京都市代表で出場されます。
 練習後の「休憩場所・打合せ」にご利用頂ければ幸いです。 試合・ガンバレ。

 そして社員皆様には、お仕事中の一息入れる場所として、どーぞご利用下さい。
 御用命有難う御座いました。

 引き続き、恒例のH農園・近況報告

 夏野菜が実り出しました。既にキュウリは皆の食卓に上がっております。

 トマト

 一番期待している、白ゴーヤ

 野菜も頑張っとるなー。
 頑張るあなたに『ちょっと、一息』をお勧め致します。

 では、では。
                          ブログ担当 : 一服ばっかりのH

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年07月11日 10:16

 

2017年06月03日

『虫葉予防デー』

 6月4日は「虫歯予防デー」です。歯磨きはちゃんとしましょう。

 我われの業界で言う『虫歯』は『虫葉』です。
 これからの時期、いろんな『虫葉』が発生します。
 植藤の苗圃でも少しずつ登場して来ています。
 
 ご紹介致しましょう。 
 2017 ・ 初夏の『虫葉』コレクション


 

 先ずは「あっさり目」から。

 「拘りの食し型」

 「現在食進行形」

 まだ、まだいろんな『虫葉』がスタンばっていますが、お食事中の方もおられると思いますので、
 今回はこのあたりでお開きとさせて頂きます。次回、『秋のコレクション』 乞うご期待!!

 H農園の『虫葉』の様子もどうぞ。


 ズッキーニ

 キュウリ
 まだまだ、「放置プレー」で行くぞ。

 皆さんは『歯』も『葉』も良く観察し予防致しましょう。

 葉”葉”ん葉”、葉”ん葉”ん葉”ん
 「宿題やったか〜」「お風呂入れよ〜」「歯磨けよ〜」「風邪引くなよ〜」 by 『カトちゃん』

 では、では。
                             ブログ担当: H虫


投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年06月03日 10:33

 

2017年05月24日

『おい・おい』

 まだ5月と言うのに連日、京都は真夏日が続き体が気温に着いて行きません。
 早くも夏バテか〜。未病気味で丹田に力が入りません。 

 で・気を取り直してと。
 今年も咲きました。弊社自慢の『晩熟のカキツバタ』
 「冬場にほったらかしにされたり、水も碌に貰えへんのに頑張りました。」(本人談)

 何時もながら「ええ色やな〜」
 花と言えば今年も恒例の「H農園」の紹介をしておかねばと・・・
 「H農園」を初めて6・7年に成りますが、何時もながら、「職人技の網張り」
 5月の連休にHが一人で仕上げました。膝痛たかった。(本人談)
 ほんで、野菜の種類は今年は初心に帰ってシンプルに。
 

左から、「白ゴーヤ」「中玉トマト」「キュウリ」「ズッキーニ」 
「何処がシンプルやねん」と突っ込みが、全国(柊野と本藤沢辺り)のHブログファンから聞こえます。

早くもトマトの花が咲いてます。

自然派志向の「H農園」の為、ズッキーニは虫に食われてボロボロ。
でも、花は付きました。ちゃんと出来るんか知らん。
夏のお昼のサラダが楽しみです。(ここはNO天気思考で)

 もう一つ経過報告。
 昨年冬に持ち帰った「紅花の豆桜」 花が咲き新芽も無事展開しました。


 
 植物は「暑い」とか「寒い」とか「腹減った」とか文句ひとつ言わずに頑張っています。
 我我人間も見習わなければ。

 でぇ〜 今日も暑いし〜 「エアコンスイッチON」

 『おい・おい』

 では・では。
                               ブログ担当 : 真夏生まれのH

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年05月24日 09:49

 

2017年05月01日

『目に青葉・・・』

 春の大騒ぎ季節が終わり木々や草花は青葉の季節です。

 若々しく、「ある力」を感じます。
 ところが中には、

 新芽が赤い変わり者もいます。「ノムラモミジ」です。

 『目に青葉 山不如帰 初鰹』
 季語が三つも重なっても、ちゃんと成り立った秀句です。

 『初鰹』の意味は、旬の魚を先取りして食べる江戸っ子の気質らしいです。
 『旬の物』を食べると何年か長生きすると言われております。
 H(私)は秋の『戻り鰹』の方が美味しいと思いますが・・・

 昔の「狂歌」に
 『女房を 質屋に入れて 初鰹』という句が有ります。
 今では考えられないシチュエーションです。
 現在なら、
 『男から 貰った指輪 現金化』 でしょうな。

 「小栗 旬」といった、ややこしい名前の男前が 『旬』に関係なく
 常にTV等に出てますが・・・ (ファンの方怒らないで、これでも褒めていますので)
 よほど「山田 優」は長生きする事でしょうね。(別に深い意味は御座いません。)

 そう言えば、先日『TVの旅番組』で「旅館の女将」曰く
 「私どもの旅館は、四季それぞれに違ったお料理を用意させて頂いて居ります。」と
 まるでその事が「売り」のように言ってました。
 H(私)はTVに向かって 「当たり前やん! 春・夏・秋・冬 同じ料理出す方が難しいわ!!」と
 突っ込みを入れていました。

 最近、「何でも」「何時でも」スーパーに売ってるので『食物の旬』が解らなくなって来てます。 
 という事で、今年のH農園はシンプルに「キュウリとトマト」で行こうと思っております。


 
 「連作・乱獲」が続いたので、少し畑を休ませていましたが、漸く登場です。
 『旬の野菜』を『収穫後直ぐに』 食する。 今では逆に贅沢です。
 事務所の旬の女史もお待ちかねです。(少しは手伝ってね。)

 では、では。
                      ブログ担当 : 植藤の「小栗 旬」こと H


 

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年05月01日 15:37

 

2017年04月06日

『やって来ました。』

 今年もいよいよ、この季節がやって来ました。
まだまだ、始まったばかりですが、途中経過をご報告。

 「花色どーでしょう?」 ひとそれぞれ感じ方に違いは有りますが、
 やっぱり『この色』はいいもんです。

 それと、5年掛かりでやっと昨年の冬に手に入れた、『とある桜』もこの通り。

 花が余りに小さくて、見えにくいですがこれでも立派なサクラです。霞の様です。

 弊社会長曰く、『紅花系の豆桜』です。 


 『丁子』も『豆桜』もどちらも小さく可愛い花です。直径1pも有りません。
 私(H)の最近の「一推しサクラ」です。

 皆様もひとり一人の『一推しサクラ』を持たれてみるのも一考かと。

 では、では。
                           ブログ担当: 誰にも推されないH 

 

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年04月06日 14:24

 

2017年03月25日

『次回予告』

 いよいよ、待ちに待ったこの季節がやって来ました。

 ここも、

 ここも、

 ここも、

 ここも、

 全部が、『あの色』に染まります。
 

 木札も新調されました。

 次回予告!  『春爛漫・桜満開・山越の里』 乞うご期待!!! 

 では、では。
            ブログ担当: HARUのH

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年03月25日 13:20

 

2017年02月18日

『サクラサク』

 「えっ!! もうサクラ咲いたんか?」
違います。世はまさに受験シーズンにて、これは「結果発表」のお話しです。


 残念ながら、全てがこういう結果にはなりませんが、気持ちだけはポジティブに・・・
 
 いつも、弊社会長:藤右衛門は言います。
 『さくらの花は前の年の結果』やと、『始まりでは無いんやで。』
 前の年の、「気候」「気温」「降雨量」「日照」「樹勢」「諸々の条件」が
 『花に出るんやぞ。』それが『サクラサク』と言う結果発表。

 受験生の皆さんも、今までの努力が成果となって結果が出るのです。
 決して『受験・結果発表』だけがすべてでは有りません。

 今までの『精進・努力』が花を咲かせるのです。

 

 「花の便り」が待ち焦がれるこの頃です。
 
 さて、結果発表と言えば、
 我が家の『古井戸再生プロジェクト』の最終結果発表です。
 ようやく、ポンプも据えられこの様に・・・

 

 決して『上水』では有りません。『井戸水』です。
 「簡易水質検査」も保健所に行って貰い、
 濁り・匂い・・・無し
 PH・・・・・・・・・6.4(概ね中性)
 大腸菌・一般細菌・・・陰性
 有機物・・・微量
 「簡易検査にて飲用には?が付くが、散水・雑用水には問題無し。」

 先人の残してくれた『古井戸』をこれから守って行きたいと思います。
 『古井戸再生』に携わって頂いた全ての方に『感謝』です。

 

 以前、庭に有った『蹲踞』も据直し、此処でも『井戸水』を利用しています。

 改めてこの井戸に命名。

 『弁慶御帰里乃井』   「お帰りやすー」

 では、では。
                            ブログ担当 : 宿替えのH

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年02月18日 08:28

 

2017年01月21日

YUKI YA KONKO

 『氷の結晶がいっぱい集まって地上に降る物、ゆきー』(吉田 裕)

 今週初め、京都市内は久しぶりの大雪でした。
 植藤のさくら畑も、


  (会長撮影)
 神秘的で綺麗です。
 我が家のわんこ(楓ちゃん)もこんなになってしまいました。『うーん、さぶ!』

 雪の種類も、
 細雪(ささめゆき):  細かい雪
 粒雪(ざらめゆき):  雪が粗大化して氷になった物
 灰雪(はいゆき):   灰の様に舞いながら降る雪
 牡丹雪(ぼたんゆき):牡丹の花の様に大きい雪
 綿雪(わたゆき):   雪片が綿の様に大きい雪
 泡雪(あわゆき):   泡の様に溶けやすい雪
 小米雪(こごめゆき): 小さな米粒のような雪

 とまあ、いろんな顔を持つ雪。
 ところが反面、怖い顔も有ります。

 植えて何年も経つ『松』を見事にひっくり返しました。

 サクラの枝もこの様に。

 豪雪地帯の皆様、雪かきや雪下ろしの際は、「十分に安全作業」でお願いします。

 では、では。
                 ブログ担当: H・YUKI

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年01月21日 15:49

 

2017年01月05日

臥薪嘗胆

 明けましておめでとう御座います。

ブログを担当致しまして2年目に入りました。
『2年目のジンクス』に成らない様に精進致します。(どんなジンクスやねん。)

 私の守り神・お酒の神様の「松尾神社」です。
 初詣では、「今年も一年、美味しいお酒が頂けます様に」とお参り致しました。

 『臥薪嘗胆』

 

    を舐めて。

 の上で寝る覚悟ですので、皆様どうぞ宜しくお願い致します。

 では、では。     
                        ブログ担当: H

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年01月05日 15:18