植藤造園トップ植藤造園ブログ>過去の記事 2018年05月 よくある質問 | お問い合わせ
会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
 
>> 過去の記事 『2018年05月』 <<

2018年05月18日

『何れが菖蒲か杜若』

 5月から6月にかけて、「あやめ」や「しょうぶ」、「かきつばた」の花のシーズンになります。
 何れも同じような場所で同じような時期に咲くので
 未だにどれがしょうぶやらかきつばたやら理解しきれていません。
 その上あやめも、しょうぶも漢字で書くと『菖蒲』と来ていますから。

 簡単に言うと・・・らしいです。
 育つ場所で言うと、あやめが畑でしょうぶが水中。かきつばたはその中間の水辺。
 花期はかきつばたが早く5月中旬、あやめが5月中旬から下旬。しょうぶは6月まで楽しめる。
 あやめが小輪でかきつばたが中輪。
 背丈はあやめが30〜60p・かきつばたは50〜70p。

 うーん。解ったような解らんような。
 完全に判別したい方は、Hブログではなく正式な文書でお調べ下さい。悪しからず。

 前にもご紹介した事の有る、「植藤かきつばた」は今年もG・W前から綺麗に咲き出しました。
 今年はサクラもかきつばたも開花が少し早い様な気がします。
 それも今年は何輪(この言い方が合っているかは不明)も咲きました。

 とても上品な色合いです。しょうぶやかきつばたは2回花を咲かせるとの事で
 1番花が終わってから花ガラを取ってやると2番花が咲きます。
 3回咲かせる強者も居るらしいです。
 かきつばたは「花色(青紫)を染み出させ布に書き付けた」、所謂染料に使われた事から
 「書付花」から「かきつけばな」・「かきつばな」・『かきつばた』になったらしいです。ばんざーい!

 2回咲いた後とこれから2回目を咲かせようとしているかきつばたです。

 これは因みにあやめです。


 『何れが菖蒲か杜若』の意味は
 以前は何れ劣らぬ「美人が二人居る事」を言ったらしいのですが、
 最近は何れも「優劣が付け難い程、素晴らしい者(美人)」を例えて使う言葉になっています。
 まあどっちにしても、『美人』と言う事が最低条件ですがね。悪しからず。

 では、では。

                           ブログ担当 : 俺も3度咲いてやるのH   L2

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2018年05月18日 08:38