植藤造園トップ植藤造園ブログ>過去の記事 2017年05月 よくある質問 | お問い合わせ
会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
 
>> 過去の記事 『2017年05月』 <<

2017年05月01日

『目に青葉・・・』

 春の大騒ぎ季節が終わり木々や草花は青葉の季節です。

 若々しく、「ある力」を感じます。
 ところが中には、

 新芽が赤い変わり者もいます。「ノムラモミジ」です。

 『目に青葉 山不如帰 初鰹』
 季語が三つも重なっても、ちゃんと成り立った秀句です。

 『初鰹』の意味は、旬の魚を先取りして食べる江戸っ子の気質らしいです。
 『旬の物』を食べると何年か長生きすると言われております。
 H(私)は秋の『戻り鰹』の方が美味しいと思いますが・・・

 昔の「狂歌」に
 『女房を 質屋に入れて 初鰹』という句が有ります。
 今では考えられないシチュエーションです。
 現在なら、
 『男から 貰った指輪 現金化』 でしょうな。

 「小栗 旬」といった、ややこしい名前の男前が 『旬』に関係なく
 常にTV等に出てますが・・・ (ファンの方怒らないで、これでも褒めていますので)
 よほど「山田 優」は長生きする事でしょうね。(別に深い意味は御座いません。)

 そう言えば、先日『TVの旅番組』で「旅館の女将」曰く
 「私どもの旅館は、四季それぞれに違ったお料理を用意させて頂いて居ります。」と
 まるでその事が「売り」のように言ってました。
 H(私)はTVに向かって 「当たり前やん! 春・夏・秋・冬 同じ料理出す方が難しいわ!!」と
 突っ込みを入れていました。

 最近、「何でも」「何時でも」スーパーに売ってるので『食物の旬』が解らなくなって来てます。 
 という事で、今年のH農園はシンプルに「キュウリとトマト」で行こうと思っております。


 
 「連作・乱獲」が続いたので、少し畑を休ませていましたが、漸く登場です。
 『旬の野菜』を『収穫後直ぐに』 食する。 今では逆に贅沢です。
 事務所の旬の女史もお待ちかねです。(少しは手伝ってね。)

 では、では。
                      ブログ担当 : 植藤の「小栗 旬」こと H


 

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年05月01日 15:37

 

2017年05月24日

『おい・おい』

 まだ5月と言うのに連日、京都は真夏日が続き体が気温に着いて行きません。
 早くも夏バテか〜。未病気味で丹田に力が入りません。 

 で・気を取り直してと。
 今年も咲きました。弊社自慢の『晩熟のカキツバタ』
 「冬場にほったらかしにされたり、水も碌に貰えへんのに頑張りました。」(本人談)

 何時もながら「ええ色やな〜」
 花と言えば今年も恒例の「H農園」の紹介をしておかねばと・・・
 「H農園」を初めて6・7年に成りますが、何時もながら、「職人技の網張り」
 5月の連休にHが一人で仕上げました。膝痛たかった。(本人談)
 ほんで、野菜の種類は今年は初心に帰ってシンプルに。
 

左から、「白ゴーヤ」「中玉トマト」「キュウリ」「ズッキーニ」 
「何処がシンプルやねん」と突っ込みが、全国(柊野と本藤沢辺り)のHブログファンから聞こえます。

早くもトマトの花が咲いてます。

自然派志向の「H農園」の為、ズッキーニは虫に食われてボロボロ。
でも、花は付きました。ちゃんと出来るんか知らん。
夏のお昼のサラダが楽しみです。(ここはNO天気思考で)

 もう一つ経過報告。
 昨年冬に持ち帰った「紅花の豆桜」 花が咲き新芽も無事展開しました。


 
 植物は「暑い」とか「寒い」とか「腹減った」とか文句ひとつ言わずに頑張っています。
 我我人間も見習わなければ。

 でぇ〜 今日も暑いし〜 「エアコンスイッチON」

 『おい・おい』

 では・では。
                               ブログ担当 : 真夏生まれのH

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2017年05月24日 09:49