植藤造園トップ植藤造園ブログ>過去の記事 2016年11月 よくある質問 | お問い合わせ
会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
 
>> 過去の記事 『2016年11月』 <<

2016年11月05日

『男前』 debut

 春にご紹介しました、『男前山石達』がこの度debutしました。
 それぞれの個性を活かした作品になったと思います。

 どうでしょうか? まだまだ新人(Jr.)が控えておりますので、御用のお客様は御一報下さい。

  「待ってまーす。」


 ところで、8月にご紹介した、我が家の『古井戸再生プロジェクト』の中間報告です。
 まず、枠石を据えました。卍に据えております。逆だとナチスになってしまいます。
 ちょっとした拘りです。

その後、ステンレスの蓋を作成。100年は耐久性あり。

そして、先日『井戸浚え』を敢行しました。
まず、酸素が有るか確認。「ローソクを」入れてみました。

 大丈夫、底で灯ってます。「酸素有り」

 「掃除前」 何やらいっぱい見えてます。

 「コードネーム004」の I 君に入って貰いました。
入る前には、塩で体を清めました。特に「不浄な下半身」を念入りにと。

 「落ちていた物」です。こんなに有りました。
 
 「掃除後」 底には『鎮』の石らしき物まで有りましたが、それはそっとしておきました。
 それに何と釜場の材は木製でした。杉か桧か将又、栗で樽状に据えてありました。
 水が常に有るので腐らないとの事です。

 そして、「浚い後、1日経過」 
 
 藤右衛門会長曰く、
 「この石積みの感じはそーとー古いもんやぞ。よー残したなぁ。」と褒めて貰いました。 
 今回は劇的「古井戸」ビフォー・アフターでした。
 「何と美しくなった事でしょうか。」(加藤みどり)

 I 君、協力有難う。きっと良い経験になったと思います。
 I 君曰く,「底から見上げた青空は、藍より青かった」との事。

 実際に『弁慶御帰り乃井』が使用出来る様になったら最終報告致します。

 では、では。
                          ブログ担当: 再生中の H
 


投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2016年11月05日 08:53

 

2016年11月26日

本末転倒

 植藤では、現場で伐採された樹や園内で間引きされた樹を
会長が「割り木」にされて備蓄されております。

 使い道は今でも母屋の「竃」や「風呂焚き」に使われております。
 そして春には・・・


 篝火には欠かせない物です。 

 一般的な「クヌギ」

 火力の強い「アカマツ」

 香りを楽しむなら「サクラ」といろいろ取り揃えております。

 ひと昔前まで何処の家庭でも「割り木」や「炭」で「炊事」をされていた事でしょう。
「炊事」と言えば、日本語では「火」を使った調理方法の表現がたくさん有ります。

  なんと豊かで幸せな表現である事か。
但し、これは、H(私)個人の解釈に付き間違っていればごめんなさい。(英訳も含む)

  しかし現代では・・・
 
 のように「火」を使わない調理の増えた事も事実。

 ところで私(H)は、「焚火」をするのが大好きでした。


 
 若い頃、冬仕事の合間に暖を取る時、必ず「焚火」をしました。材料は豊富に有ります。
 しかし残念な事に近年「焚火」が出来ません。
 「煙」・「灰」・「飛び火」が近隣住宅の嫌われ者です。

 で・・・ 今や「暖を取る」時、部屋のエアコンかファンヒーター、将又、車の中か。
 で・・・ これらの燃料や原料を作る為に・・・


 私(H)は便利な世は嫌いでは有りません。いや逆に大好きです。
 でも「焚火」も大好きなんです。堂々と「焚火」したーい。

 『本末転倒』   だいぶと冷えてきました。どうぞご自愛を。

 では、では。
                         ブログ担当: 焚火好きのH


投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2016年11月26日 09:19