植藤造園トップ植藤造園ブログ>過去の記事 2016年10月 よくある質問 | お問い合わせ
会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
 
>> 過去の記事 『2016年10月』 <<

2016年10月03日

R-50指定 (50歳以下読禁)

 今回は、大人の夜のお話し。R-50指定です。若者よ、悪しからず。
 これからの夜長を楽しむお話しです。

 

 寝かす子を あやして亭主 叱られる
 手がさわり 足がさわって 仲直り
 出たあなと 入った穴が 大違い

 すみません少し軌道修正致します。

 お茶事で、『夜咄』という趣深いものが有ります。
 これからの夜長を楽しむお茶事です。
 行燈や燭台の蝋燭の灯影のもとでお茶を戴きながらくつろいだ『咄』を致します。
 初座の挨拶に始まり、前茶・初炭・懐石・中立・濃茶・薄茶の順に進んで行きます。
 うす暗い中での茶事に付き、利休も飾る花は白と申しております。
 そうか、だから昔の寝衣は白なんや!!!
 

 機会が有れば参加したいものですが、Hは(自分)まだまだこの場には若い気がします。
 うす暗い中での『夜咄』を楽しむ『大人の男と女』なんと艶やかで艶めかしく羨ましい。

 すみません。再度、軌道修正致します。
 
 造園の世界でも『男と女』の表現が多々有ります。
 その一つ 『滝』です。
 
 先ずは『男滝』
 
 どどーんと一発落ち。余韻無し。ア行で言うと 「おーーー」です。

 代わって『女滝』
 
 だん・だん・だんと落ちて行くし、「実」も有ります。ア行で言うと「あっ・あっ・あっ」です。

 すみません。今回はまったく軌道修正が効かない回(話)でした。
 「大人のHブログファン」の方、大変申し訳ございません。
  
 でも秋の夜長をどう楽しむか? お父さん達、人生これから これから。
 
 尼寺の 大工「提灯」 「とんがらし」

 ではでは。
                           ブログ担当: 夜長のH

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2016年10月03日 12:51

 

2016年10月22日

安全について

 今回は、安全について考えてみます。いつになく真面目です。
 安全とは?
  「身の危険が無く、心が落ち着いている事」

 最近では、
  『身体的に危険が無く、楽しめている事』
  にまで発展しております。楽しんでますか?

 

 『安全はすべての事に優先される。』

 弊社の安全に対する取り組みは、
 @ 各現場での朝礼・KY活動

    
 
 A 毎週月曜日の朝礼時の社長よりの『安全啓発』
 B 各現場の月1回程度の安全訓練・教育

 

 C 月1回の工事部内の社内安全パトロール

 D 年・数回程度の部署外の安全点検


 それでも、残念ながら毎年数件の小さい事故やケガは発生します。
 
 『事故とは?』 私が若い頃、こう習った事が有ります。

 『事故とは、不安全な環境で、不安全な行動をした時に必ず起こる。」
 逆に言えば、
 柔かい平らな芝生の上で、目を閉じ片足でケンケンしても事故は起こらないし
 地上100mの鉄骨の上でも、完全な安全装備で熟練工の堅実な作業は事故は起こらない。

 事故は、「地上100mの鉄骨の上で、無防備で目をつむりケンケンをした時」に起こるのです。

 あなた、今 「不安全な環境で、不安全な行動をしてませんか?」
 もう一度みんなで確認してください。

蜂の巣の有る場所(不安全な環境)+頭や手を突っ込む(不安全な行動)= 『刺された!(事故)』
 植木屋はほんとにつらいね!

 ではでは、御安全に。
                               ブログ担当: 安全牌H

 
 

 

 

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2016年10月22日 10:46