植藤造園トップ植藤造園ブログ>過去の記事 2016年08月 よくある質問 | お問い合わせ

最新の記事

会社案内
工事経歴
工事例
お手入れ
植藤造園の桜
植藤造園BLOG
 
>> 過去の記事 『2016年08月』 <<

2016年08月12日

真の重さ

リオのオリンピックも大変盛り上がっておりますが、
今回は物の重さ、いわゆる比重についてのお話を・・・

比重とは、水とその物の重さの比較の事。

ちなみに金:19.3 銀:10.51 銅8.82

鉄は約7で同じ体積なら断然水より重い。だから沈む。
しかし、鉄で出来た船は沈まない。暑いしあんまり深く考えない事にしよ。

石は・・・御影石:2.6  鞍馬石:2.7以上 

しかし石の中でも新島の抗火石は1.2 かなり軽ーい。

木は・・・松:0.59 桧:0.48 杉:0.43 桜:0.67 樫0.94
松を水に入れると約半分浮いて、樫は浮くことは浮くがほとんど沈む。

人間は約60%が水分で出来ているので、水の中でじっとしとけば半分近くは浮く。
朗報!カナヅチのちびっこよ、もがかずにじっとしとけば必ず浮くぞ!!!

氷の比重は0.92 だから氷山は少し頭を出して浮く。

H(私)の才能はまだ氷山の如く一角しか世に出ていない。
言い換えれば最後までほとんどが世に出ない。おー残念!

ところで、金メダル等実際の含有量は何%かで出来ており全部『金』よりかなり軽いはず。
しかし、メダル獲得選手は今までの『苦労』や支えて貰った方への『思い』の分の
『比重』が入り、実際より重く感じるのでしょうな。
『真の重さ』は、その物の重さに必ず『何か』がプラスされる。
その『何か』で『真の価値』が変わると思いますよ。

でも私は、勝者より、敗者に送る『比重』の方が遥かに重い。

子供の頃こんな『なぞなぞ』が有ったなー。
「綿10sと鉄10sと、どっちが重いでしょう?」

ではでは。
                  ブログ担当  氷山で焼酎ロックが希望の H

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2016年08月12日 14:25

 

2016年08月27日

筒井筒

 今回は、とある出来事により『井戸』のお話です。
 
 伊勢物語に書かれている一文。
 男曰く、
 『筒井筒 井筒にかけしまろが丈 過ぎしにけらしな 妹見ざる間に』
 女返し、
 『くらべこし 振り分け髪も 過ぎぬ君ならずして たれかあぐべき』

 幼馴染の二人は小さいころは、無邪気に井戸の周りで遊んでいたのですが、
 大人になりなかなか話す機会が無くなり、互いの気持ちを込めた歌です。
 今風に言えば、「相思相愛」で「結果オーライ」の話。

 我が造園界でも『井筒』は多く利用されており、
 植藤にも、

 

 と、いろいろ取り揃えて御座います。御用の方は一報頂ければ幸いです。

 で、最初の「とある出来事」と言うのは・・・
 H(私)の嫁の実家の床下から井戸が見つかりました。
 有るとは聞いていましたが、まだ水が有るとは思いもよりませんでした。

 見つかった時の写真。
 
 老舗の井戸屋さんの『上林鑿泉の会長』に見せた所、まだまだ使えると思うで。
 『植藤の会長』曰く、儂やったら食べる物始末してでも残すわ。
 
 重鎮お二人の御意見により、『古井戸再生プロジェクト』が始まりました。
 まずは、今溜まっている水をポンプで汲み上げてみる。

 釜場が見えます。

翌朝の水位。

 2日後。水位がかなり戻りました。段々水も澄んできた気がします。
 井戸が生きている証拠です。
 この作業を何回か繰り返して「再生」して行きます。 『復活井』にご期待下さい。

 この『井戸』の向かいには、こんな有名な井戸跡が有ります。

 『牛若丸首途(かどで)乃井』

 それならば、うちの井戸は
 『弁慶御帰り乃井』に命名しようかなっと。

 ではでは。
                            ブログ担当: H2O

 


 

投稿者: 植藤造園 投稿日時: 2016年08月27日 08:05